卵殻膜.info:トップ > 卵殻膜とは
卵殻膜…最近、耳にする言葉ですが、卵殻膜とはなんのこと?

卵殻膜とは

卵殻膜とは、卵の内側に存在する0.07mmほどの薄い膜のことです。

わかりやすく言えば、ゆで卵を作ったとき、外殻の内側にある「薄皮」の部分です。

この卵殻膜は、卵の中にいるヒナをやさしく包み込み、外部の微生物から守りながら誕生へと導きくのです。

考えてみれば、卵の中のヒナは、どこからエサを与えられるわけでもないのに、その中ですくすくと育ちます。

やはり、そこには新しい命をもたらす不思議なパワーがあるのでしょう。

卵殻膜もその一端を担っているわけで、古来から、傷に貼ると治りが早くなると言われ用いられてきました。

研究がすすむ卵殻膜

もともと、経験的に治療などに使われてきた卵殻膜ですが、近年、研究が進んでいます。
その結果、卵殻膜は、人の肌や髪と非常に近い18種類のアミノ酸で構成されていることがわかりました。

これは、人間の皮膚のアミノ酸組成と配合比率が非常に似ています。

そのことからコスメやサプリメントに使われるようになり、今では、日常的に取り入れやすくなってきました。

また卵殻膜は、赤ちゃん肌に多く含まれているⅢ型コラーゲン=ベビーコラーゲンとも呼ばれますが、それを作り出す繊維芽細胞の働きに関係があると言われています。

この繊維芽細胞はコラーゲンだけでなく、エラスチンやヒアルロン酸など美肌に有効な成分にも効果を発揮します。

なるほど、だとするならば、卵殻膜は美肌に対して、そうとう多角的な働きがありそうです。

製品化された化粧水などのコスメ用品も、その効果に期待が増します。

IT用語