敏感肌の悩みトップページ > 手入れやケア > セラミドの摂取方法

セラミドの摂取方法

セラミドはは保湿にも外から来る有害物質にも効果があるとご紹介しましたがそれではどうやって身体に取り入れるのでしょうか。

身体への取り入れ方は大きく分けて2つ、口から取り入れる方法と肌に直接取り入れる方法です。

本来セラミドは口からの摂取では効果が薄いとされていましたが現在鶏皮や乳製品などの動物由来のセラミドは経口摂取でも効果があるという事が判明しています。

ところが動物由来のセラミドというのは必要な量を摂取しようとするとお金がかかるのです・・・・・・。

そこで安価な植物由来のセラミドというものもありますが、こちらは経口摂取では吸収されないという問題点があります。

しかし、昨年研究で植物由来のセラミドも経口摂取で吸収する方法が発見されました。

関連エントリー

このブログ記事について

このページは、imagineが2013年8月29日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「保湿と命令伝達だけではないセラミドのお仕事」です。

次のブログ記事は「脂性敏感肌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

関連

Powered by Movable Type 4.292
サイトマップ   Top