敏感肌の悩みトップページ > お肌の仕組み > 保湿と命令伝達だけではないセラミドのお仕事

保湿と命令伝達だけではないセラミドのお仕事

さて、セラミドは様々な命令伝達を行い、他の脂質と協力し水分を挟み込む形で肌の潤いを保ってくれます。

またセラミドの仕事はそれだけではなく、他の成分とくっつくことにより外から来る有害な成分を肌の内部に入れないようにする作用もあります。

アトピー性皮膚炎の方はそのセラミドが30%程度しか無いことがあるそうです。

つまり、セラミドがあれば皮膚炎も抑えることが出来るという事ですね!

水を出さないようにする作用と、有害物質を入れないようにする作用と、まさに外と中のダブルガードですね!!

関連エントリー

このブログ記事について

このページは、imagineが2013年8月29日 08:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乾燥を防ぐ肌の成分」です。

次のブログ記事は「セラミドの摂取方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

関連

Powered by Movable Type 4.292
サイトマップ   Top