トップ > 卵殻膜とは > 研究がすすむ卵殻膜

研究がすすむ卵殻膜

もともと、経験的に治療などに使われてきた卵殻膜ですが、近年、研究が進んでいます。
その結果、卵殻膜は、人の肌や髪と非常に近い18種類のアミノ酸で構成されていることがわかりました。

これは、人間の皮膚のアミノ酸組成と配合比率が非常に似ています。

そのことからコスメやサプリメントに使われるようになり、今では、日常的に取り入れやすくなってきました。

また卵殻膜は、赤ちゃん肌に多く含まれているⅢ型コラーゲン=ベビーコラーゲンとも呼ばれますが、それを作り出す繊維芽細胞の働きに関係があると言われています。

この繊維芽細胞はコラーゲンだけでなく、エラスチンやヒアルロン酸など美肌に有効な成分にも効果を発揮します。

なるほど、だとするならば、卵殻膜は美肌に対して、そうとう多角的な働きがありそうです。

製品化された化粧水などのコスメ用品も、その効果に期待が増します。

卵殻膜とは
卵殻膜…最近、耳にする言葉ですが、卵殻膜とはなんのこと?

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語