トップ > 卵殻膜で手作り化粧水 > 卵殻膜で手作り化粧水

卵殻膜で手作り化粧水

卵殻膜の化粧品が話題になっていますが、

卵殻膜を使って、自宅で手作り化粧水にトライする人もいるようです。

作り方はネット上にいくつか見る事ができますが、

おおむね下記のように書いています。

 

卵の薄皮原液の作り方
---材料---
・生卵の薄皮------------10個分
・根昆布or肉厚昆布---5g(細く切る)
・ホワイトリカー(35度)---150ml

---作り方---
①卵の殻の外側と内側をの水でよく洗う
②しばらく水につけてはがしやすくする
③はがした薄皮の水気を切って乾燥させる(綺麗なピンク色です)
④容器に薄皮、昆布、ホワイトリカーを入れ、冷蔵庫で一週間置くと、原液の完成。

 

これが化粧水の原液になります。

実際に化粧水として使うには以下の工程が必要になります。

---卵の薄皮化粧水---
・原液---50ml
・精製水---40ml
・グリセリン---10ml、
・クエン酸---微量(爪楊枝の先にちょっとつける程度)

以上を混ぜればオッケーです。
※当然ですが、生ものなので、冷蔵庫保存で、早めに使わないとだめです。

 


卵殻膜で手作り化粧水
卵殻膜は肌によい、ということで化粧水を手作りする方もいます。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語