トップ > 2010年11月

卵殻膜.info

新着情報【2010年11月】

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。...

[2010年11月 3日UP!]

卵殻膜とは、卵の内側に存在する0.07mmほどの薄い膜のことです。 わかりやすく言えば、ゆで卵を作ったとき、外殻の内側にある「薄皮」の部分です。 この卵殻膜は、卵の中にいるヒナをやさしく包み込み、外部の微生物から守りながら誕生へと導きくのです。 考えてみれば、卵の中のヒナは、どこからエサを与えられる...

卵殻膜とは[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜には、美肌や美髪に関係が深いアミノ酸「シスチン」が豊富に含まれています。 このシスチンは、毛髪や爪などのケラチンに特に多く含まれ、 体内でシステインに変化し、毛髪、皮膚、爪などを合成します。 また、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制するため、 美白効果も期待できます。 卵殻膜に...

卵殻膜とシステイン[2010年11月 4日UP!]

日常生活を過ごす上で外出先の紫外線、冷暖房で乾燥したオフィス、 屋内外の温度差などは、女性のお肌にとって、よい環境とはいえません。 そんな毎日を耐えている肌は、リズムも崩れて、トラブルが起こりがちになるもの。 そうした事態を避けるために、肌をリフレッシュするお手入れが必要です。   そこ...

アルマード ラディーナ[2010年11月 4日UP!]

キューピーはファインケミカルの研究の中で、 卵殻膜を研究し続けています。 しかし、卵殻膜は水に溶けないため、使い勝手が悪く、ほとんど活用されていませんでした。 そこで、効果のある卵殻膜を無駄にしたくないとの思いで、 卵殻膜を水に溶けるようにする技術や微粉末にする技術を確立しました。 今では、これらの...

キューピーと卵殻膜[2010年11月 4日UP!]

「ベビーコラーゲン」とは、体内にあるコラーゲンの1種、III型コラーゲンのことをいいます。 III型コラーゲンが「ベビーコラーゲン」と呼ばれるのは、 赤ちゃんのうるおいのあるお肌に多く含まれているためです。 人の肌には、このIII型コラーゲンとともにI型コラーゲンが存在していますが、 元気な肌を維持...

ベビーコラーゲン[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜コスメのパイオニアであるアルマード社がリリースしたトライアルセットが話題を集めています。 卵殻膜とは、人の肌や髪と非常に近い18種類のアミノ酸で組成され、赤ちゃんの肌に多く含まれるIII型コラーゲン(別名:ベビーコラーゲン)と深い関わりを持つといわれています。 エイジレスな美しさをサポートする...

卵殻膜 トライアルセット[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜はゆで卵を剥いた時にくっ付いている白い薄皮です。 酸にもアルカリにも侵される事のない安定した膜で、 卵の保護と言う重要な役目を持っています。 更にこの卵殻膜はコラーゲンの再生促進作用を持っており、 自身は何の変化も無く、周辺組織のコラーゲン再生を促進します。 これにより傷や火傷の損傷が早く治り...

卵殻膜パウダー[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜の働きや効果については古くから経験則として識られてきました。 その主たる効果や働きの多くは「皮膚」や「肌」にまつわるものです。 たとえば「gooヘルスケア(http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0063.html)」には、次のように書かれていま...

卵殻膜の効果[2010年11月 4日UP!]

美肌成分として人気のコラーゲン。 卵殻膜が作るのは、赤ちゃんのような肌になれる、III型のコラーゲンです。 コラーゲンは約30種類もあります。なかでも、肌の70%を構成しているのが I型とIII型のコラーゲン。赤ちゃんのときはIII型が多く、加齢に伴いI型が増えていきます。 III型コラーゲンは線...

卵殻膜でスキンケア[2010年11月 4日UP!]

「卵殻膜」とは、鳥類の卵の内側の薄い膜のことをいいます。 現代のように医療品や化粧品がまだ開発されていなかったころから、 切り傷やニキビなど、肌の気になる部分に貼ると効果的、と広く知られていました 株式会社アルマードでは、この「卵殻膜」を傷に貼り付けると回復が早いことに着目し、 東海大学(現在は東京...

卵殻膜 貼る[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜とは卵の中の薄い膜のことです。 雛鳥が親鳥から離れた状態でも微生物などの外的環境から守り 栄養を与えていた卵殻膜は 殺菌作用にも優れていて傷を治す効果があり、 中国の明の時代では卵殻膜を傷の治療に使っていました。 日本では古くから野戦(戦国時代頃から)での負傷や力士が使い、 今でも力士やボクサ...

卵殻膜治療[2010年11月 4日UP!]

卵殻膜の化粧品が話題になっていますが、卵殻膜を使って、自宅で手作り化粧水にトライする人もいるようです。 作り方はネット上にいくつか見る事ができますが、おおむね下記のように書いています。   卵の薄皮原液の作り方---材料---・生卵の薄皮------------10個分・根昆布or肉厚昆布...

卵殻膜で手作り化粧水[2010年11月 4日UP!]

すり傷や切り傷のほか、日焼け跡やニキビなど、 お肌のトラブルがある部分に、新鮮な卵殻膜を数時間張ると治りが早くなることは、 昔から経験的に知られていました。 最近、改めて注目されるようになったのは卵殻膜の中に、 美しい髪や肌をつくるたすけになる『シスチン』というアミノ酸が 特に豊富に含まれていること...

卵殻膜とニキビ[2010年11月 5日UP!]

ゆで卵をつくったときにできる、殻と白身の間の薄い膜が"卵殻膜"です。 0.07mmの薄さで、主成分として、たんぱく質を構成している"アミノ酸(シスチン)"が、 豊富に含まれています。 むかしから、この"薄膜"は、傷口に貼るなどの創傷治療に使われており、 その皮膚の治癒能力は注目されていました。 そし...

卵殻膜とヘアケア[2010年11月 6日UP!]

現在、医療関係ではなく化粧品素材としても研究されているのが卵殻膜。 もともとは、民間療法など、古くから伝わる、傷治療素材でした。 卵の薄皮=卵殻膜を傷や火傷に貼り付けると、傷の治りが早くなる、と言われてきたのです。   卵殻膜=薄皮と呼ばれるだけあって、とても薄いです。厚さ、というか薄さ...

卵殻膜と傷治療[2010年11月 6日UP!]

今、通販で人気のサプリメントの一つに 「ホワイトプラス2」があります。 この商品はは女性の永遠の悩みを真正面に捕らえたサプリメントで、 「より透明に、より美しく、史上最強の内面美容サプリメント」という キャッチフレーズを持つ卵殻膜配合サプリです。 内容は肌荒れの原因から肌を守るシスチンたっぷりな高級...

卵殻膜のサプリ[2010年11月 6日UP!]

卵殻膜を配合した商品で有名なアルマードの 「オーディ Odeシャンプー」が人気の商品です。 アミノ酸系界面活性剤を主成分とした、弱酸性・低刺激でバラの香りのシャンプーで、 髪の毛のアミノ酸構成とほぼ同じ組成をもつ加水分解卵殻膜(保湿成分)を配合。 また髪の毛を保護する加水分解ケラチンやシルクも配合し...

卵殻膜のシャンプー[2010年11月 6日UP!]

卵殻膜を配合した化粧品が話題になっています。もともと卵殻膜は、民間療法などでも使われ、ケガの多い格闘家なども傷の早期治療のために使っていたといわれます。近年明らかにされているのは、卵殻膜に含まれる成分がコラーゲンの生成をサポートするということ。瑞々しい肌、弾力のある肌のためにはコラーゲンが必須ですが...

卵殻膜の化粧品[2010年11月 6日UP!]

人気の卵殻膜化粧品ですが、 肌に非常に良い成分ですから、パックも当然良いものがあります。 これもやはりアルマード社の「オーディ Ode海泥パック」という商品です。 各種ミネラルとイオウを含む魔法の土と呼ばれる、 「福島県棚倉街の海泥」と加水分解卵殻膜(保湿成分)配合の 洗い流すパックです。 &nbs...

卵殻膜パック[2010年11月 6日UP!]

アルマードは東海大学体育学部の岩垣先生と卵殻膜を摂取することで、 どのような効果が得られるのかを共同研究をしています。 そんな中で卵殻膜の更なる可能性を追求しようと、 東京大学からも卵殻膜の研究をしたいと提案があったそうです。 そこで、2つのグループ(加藤教授グループ、跡見教授グループ)で共同研究...

東京大学と卵殻膜[2010年11月 6日UP!]

 2011年5月

IT用語