卵殻膜.infoについて

プロレスラーが使っていた?卵殻膜

らんかくまく=卵殻膜、と呼ばれるようになったのは近年のこと。
むかしは、そのまんま「卵の薄皮」と呼ばれていました。

そう、その「卵の薄皮」、ゆで卵の時には剥きにくくて苦労したりしますが、
それを食用以外に使っていた職種の人たちがいます。

プロレスラー。

額を割ったり、フォークを顔に刺したり、なにしろ荒っぽくて怪我の絶えないひとたち。
そんな彼らが「治りが早い」といって使っていたのが「卵の薄皮=卵殻膜」なのだそうです。

使い方は、傷のあるところにそっと乗っけておくだけらしいですが、その卵殻膜パックの威力は絶大で、放置しておく場合と比べて治りが格段に早いのだとか。

もともとは、お相撲さんたちの知恵だったとも言われますが、現代の科学で照らしても「なるほど」という感じですね。

注目エントリー【卵殻膜の化粧品】

卵殻膜の化粧品

卵殻膜を配合した化粧品が話題になっています。

もともと卵殻膜は、民間療法などでも使われ、

ケガの多い格闘家なども傷の早期治療のために使っていたといわれます。

近年明らかにされているのは、卵殻膜に含まれる成分がコラーゲンの生成をサポートするということ。

瑞々しい肌、弾力のある肌のためにはコラーゲンが必須ですが、その生成をもとから支援するのが卵殻膜というわけです。

なるほど、卵殻膜配合化粧品...効きそうですね。

卵殻膜を有効に肌に供給

卵殻膜の研究が進む以前、それを治療に使う人たちはどのように使っていたのでしょう?

たとえば、ある格闘家の話ですが、なんと、
卵殻膜、つまりゆで卵の薄皮をそのまま、直接、肌に乗せていたのだそうです。

なんとも「原始的」に思えますが、「ケガをするのが仕事」の人たちがそうやって使っていたのですから、それでもちゃんと目に見える効果があったのでしょう。

さて、今では卵殻膜の研究も進み、化粧品にも用いられるようになりました。
どんな化粧品かというと、美容液はまず必須ですが、その他のラインナップにも「すべて」卵殻膜を入れたことで話題なのがアルマードラディーナです。

美容液の他にも、スキンローション、モイスチャークリーム、リキッドファンデーションといったラインナップに卵殻膜成分をとりいれ、トータルな「卵殻膜ラインナップ」を作っています。

この4点をまとめてお試しできるお得なトライアルセットもあるようです。
84%の人が「使ってよかった」と満足したその使い心地をご自身でもお試ししてはいかがでしょう。



卵殻膜.infoカテゴリー項目一覧

アルマード ラディーナ

キューピーと卵殻膜

ベビーコラーゲン

卵殻膜 トライアルセット

卵殻膜 貼る

卵殻膜でスキンケア

卵殻膜で手作り化粧水

卵殻膜とは

卵殻膜とシステイン

卵殻膜とニキビ

卵殻膜とヘアケア

卵殻膜と傷治療

卵殻膜のサプリ

卵殻膜のシャンプー

卵殻膜の効果

卵殻膜の化粧品

卵殻膜パウダー

卵殻膜パック

卵殻膜治療

東京大学と卵殻膜

IT用語